KOIKE HAYATO

Trombone Player

MENU
  • 2018年10月15日(月)

    何のために頑張るのか?

    「早くも今年の3分の1が終わりそうですね」

    「今年はたくさん夏フェスにでます!」

    「あっという間に下半期ですね」

    なんて、「よし、この書き出しからブログを始めよう」と頭では考えるのですが

    筆不精のため何一つ書けておりません。

    申し訳ないと思いつつも今後もスラスラとかけないと思います笑

    さてさて、色々と自分なりにあれこれ考えて活動している中で

    最近とてもとても思うことがあります。

    「自分はなぜ頑張るのか」です。

    まず、「僕は頑張ってるの〜!(褒めて!)」というニュアンスでこのトピックを書いているわけではないです。

    もっともっと頑張らないといけないと思ってます。

    最近練習していたり、
    作業していたりする時気分がなかなか乗らない日も、そりゃあるんです。

    そんな時、自問自答してます。

    「なんで練習するのか」
    「なんでこんな地味な作業を1人でやるのか」などなど

    そこでやはり思い浮かぶのが

    「何かホーンが必要になったら隼人に頼むよ!」と言ってくれる方のことや

    自分と一緒に音楽をやって、ご指導ご鞭撻してくれている先輩や仲間のこと

    「隼人さ〜ん」と自分を慕ってくれる後輩

    そして応援してくださる皆様のことが浮かびます。

    こんな私を必要としてくださっている方の期待を裏切りたくないんです。

    大事な時間やお金を使って私と接してくださる方の期待に応えたいんです。

    先日自分の中で
    「人に裏切られたなー」と思うショックな出来事がありました。

    よく耳にする「人に期待しない方が楽だよ」という言葉、

    僕は全く賛同してなかったのですが、

    「あぁ、こういうことが続くと人は人に期待しなくなるんだろうな」とちょっとその気持ちがわかっちゃいました。

    でもまて!!

    でーもーまてー!!!

    僕が人に期待しなくなったら
    僕に期待してくれている人の気持ちがわからなくなるんじゃないか?

    人の期待に応えるのが自分の仕事だと思ってるのにその僕が人に期待しないなんて、なんだか矛盾だなと思ったんです。

    なので、たとえ傷つくことがあろうとも人に期待することは、本当に本当にボロボロになる時まで辞めないでいようと思ってます。

    そして、今そういう皆様の「期待」は自分にとって大きなエネルギーになっています。

    イチロー選手の数ある名言の中で
    「準備とは言い訳を排除すること」

    というものがあります。

    自分もイチロー選手のように強い気持ちで物事に取り組みたいです。

    ・失敗した時の言い訳

    でなくて

    ・成功させたい(失敗したくない)理由

    をたくさん用意して物事に臨みたいですし、

    そう言った意味で、今関わってくださっている方々の「期待」は

    自分の中で「成功させたい理由」なんです。

    ちなみに、「失敗してもそこからたくさん学びがある」という精神で動いているので失敗を恐れているわけではないです

    「言い訳」をたくさん用意したらきっと失敗した時あんま傷つかないんでしょうね

    でも

    傷ついた時の方が学びがたくさんあるんです

    (もちろん、関係ない人の迷惑になったりしてはいけないですけどね。)

    こうやって挑戦と失敗と成長を繰り返してます

    あ、若干話がそれた!?
    いや、もうとりとめもないからいいか

    「自分は今後誰とも関わりを持たなくなって、それこそ無人島に楽器だけ渡されて暮らすことになったら自分は楽器吹かないな」とか思うんです。

    小池隼人⇄音楽

    という向き合い方では多分ないんですよね

    小池隼人&関わってくれてる人⇄音楽

    なんです。

    これは自分でも音楽家として致命的な部分だなとも思う反面、

    皆様がいてくれれば何倍にも強く頑張れるなとも思ってます

    こんな僕に付き合ってくださる方々のためにも僕は後者でも良いということを証明したいと思っております(ってそもそも優劣や勝負があることではなですけど)

    僕と関わってくださっている皆様

    勝手に一緒に戦ってくれてると思ってます。

    ありがとうこざいます。

    是非ライブに会いに来てくださいね。

    2018/10/15
    小池隼人

  • 2018年3月24日(土)

    いよいよ明日ははや亭25回記念祭!

    いよいよ明日となりました

    はや亭25回記念祭!
    もうチケットはご購入いただけましたでしょうか?
    もしまだでしたらお早めに!
    各出演者への予約もできますので
    お好きなバンドさんへお気軽にお問い合わせくださいね
    もちろん僕も予約できます!
    hayateiticket@gmail.comまでメールをお送りください!
    いよいよ明日となりましたはや亭25回記念祭りをお楽しみいただけるよう
    お願いやお知らせを書かせていただきます。
    ご来場いただいた皆様全員が
    「楽しかった!」となれるようにみんなで思いやりを持って過ごせたらいいですね!
    箇条書き気味になってしまうのですが、、
    ▪︎OPENからいらしてくださるとゆっくりお話しが出来そう!
    ぼく、できるだけいらしてくれた方に直接お礼を言いたくて、、、
    ただ、イベントしきりと演奏をするからなかなかその時間が取れないのですが
    OPENからSTARTまでは5Fの物販コーナーにおりますので、是非ともお話ししましょう!
    ちょっと遅めのお昼ご飯にはや亭カレーは如何でしょう笑?
    ▪︎当日は再入場可→timbreへ行ってみましょう!
    長丁場なので、休憩をとりつつ楽しく過ごしてください♪
    当日は再入場可となっております。そして、飲み処はや亭でお世話になっている
    timbreさんが協賛してくださっており、
    「はや亭のチケット半券を見せると今日の一品サービス」とのこと!!
    雰囲気も良いお店なので是非足を運んでみてください。
    (16時から開店とのことです)
    ▪︎5Fはレストスペースとなっており、物販&カレー売り場も5Fとなっております
    ちょこっと休憩するなら5Fも良いと思います! ライブの映像も観れるよう手配しておきます!
    ▪︎カレーは2種!
    スパイシーバターチキンカレーと5種の野菜と合いひき肉のキーマ
    1つ500円ですが、両方いっぺんに楽しめるあいがけ800円もご用意いたします。
    ※あいがけご注文の方には元祖はや亭ステッカーをプレゼント!
    ▪︎新しい物販があるよ!
    わたくしのインスタグラムで好評の「犬はダメよ」シリーズ。
    こちらが可愛らしいタッチで描かれたトートバッグとサコッシュが25日より発売!
    ※おんた缶バッジプレゼント
    ▪︎チャリティーCD&グッズにもご協力ください。
    この日出演してくれる花男さんと僕のライブ音源で
     北海道新ひだか町の豪雪災害支援募金にあてさせていただきます
     
    そして、盟友EMPTY KRAFTと一緒にその昔作った缶バッジ&マグネットが少しだけ余っており
    EMPTYのご厚意もあり、チャリティーで販売させていただきます。その日の限定販売だったのですが、
    こういう形なら僕のファンの方も、EMPTYのファンの方も賛同してくださると思っています!
    (500円以上の募金でプレゼントという形です)
    僕ははや亭カレーンダーを1000円にしてチャリティー用にまわします!
    (カレー無料券はつきません!)
    是非とも皆様ご協力して下さい!!
    長くなってしまいましたが、素敵な1日になるよう頑張りますので、
    よろしくお願いいたします!!
  • 2018年2月8日(木)

    川本真琴ビッグバンド

    いよいよ後一カ月となりました!
    2018年から新たにはじまった3個のプロジェクト(バンド)
    第三弾!!

    川本真琴 ビッグバンド!!

    あのね、

    僕ってトロンボーン始めたのは19歳の時で、
    その前はギターとかを弾いていたのですね、
    中学3年生だったか2年生だったか、白いエレキギターを購入した(のか買ってもらったのか)
    のですが、それまではアコースティックギターをポロンポロンと弾いていたのです。

     

    そしてね、

    なんでアコースティックギターに興味を持つようになったかというと

    何を隠そう川本真琴さんをテレビで拝見したからなのです!!!

    テレビ出演はほとんど全部ビデオに録画して爪を折っていたし

    町の小さなCD屋さんにいって「このポスター剥がしたらもらえませんか?」とお願いしてもらったり、、、

    何を隠そう山梨県に住んでいた僕は生れて初めて東京に行ってライブを見たのが川本さんの
    (今は無き)渋谷公会堂2デイズでした。

    当時僕はまだ訳も分からず「何かグッズを買いたい!」と渋谷公会堂を出た所にある露店で
    赤い生地に「MAKOTO KAWAMOTO 1stLIVE」と黒のフォントで書かれたタオルを買ったのですが、

     

    今思うとそれは無許可営業のバッタもんだったわけです笑
    (今度帰省したときに探してUPしますね笑)

    そして時は流れ著名人に簡単に話しかけることが出来るツイッタ―たるものが出来、
    川本さんに酔っぱらった勢いで
    「素敵です」的なキモいリプライを飛ばしてしまったこともありました笑!!
    (もちろんスルー)

    そうやって日常で何気なく川本さんのツイートを見ていたところ、

    「和太鼓をレコーディングで使用したいけれど、誰かしりませんか?」的な事を書いていて、

    丁度その半年くらい前にイベントで知り合いになっていた和太鼓チームの方に即連絡して川本さんに
    「僕、知り合いにいます!!貸せるそうです!」的なリプライをして、繋げさせて頂いたのです。
    (いや、これもキモいかも?)

    そして、そこから程なくして、川本さんが我らが下北沢ERAに御出演なさるとのことで、
    スケジュールを調整して、楽屋にあいさつに行き

    一緒に写真を撮ってもらい(キモい?)

    サインまでもらい(キモい???)

    夢のようなひと時を過ごさせて頂いたのですが、

    そこからさらに半年(くらいかな?)したときに川本さんからご連絡を頂いて、

    「新たにホーンを入れた編成でバンドをやるのでタイミングが噛み合えば参加しませんか?」とお誘いをいただいたのです。

    バッタもんのタオルを買っていた中学生の自分に教えてやりたいですね。

     

    自分のキモめの行動力や、人との巡りあわせがあって今川本さんと同じバンドで音を出しています。

    昔テレビで見ていたあの曲や、アルバムのお気に入りだったあの曲に自分がトロンボーンを吹いて参加している、

     

    人と人の巡り合わせはなんておもしろいんだろう!

     

    ぜひぜひそんな僕の思い入れも詰まったお披露目ライブが3月8日、渋谷wwwにてございますので是非ともいらしてください!

    川本真琴ビッグバンドHP

     

    僕キモいですか笑???

     

     

  • 2018年2月7日(水)

    たまみずきスプリングフェスティバル

    みなさまこん●●は!!

    昨年お力添えをさせて頂いたとあるイベント、今年もお手伝いをさせていただくことになりました!

     

    今年もお手伝いさせていただくのは

    「たまみずき」という障がいをもった子供たちの学童保育を行っている施設が開催するスプリングフェスティバルです!

     

    共通の知人からの紹介で

    もう5年くらいたつかな、この「たまみずき」のクリスマス演奏会で演奏させて頂いたんです。

    これが去年のクリスマスイブに行われた時の写真!

     

    僕はツリーになってがんばりました笑

     

    そして、この演奏会で僕は毎年沢山の事を考えさせられます。

    「障がいとは何か」「ではどうやってそういった人に接するのがよいのか」など、、、

     

    でも答えはなかなか出ません。

     

    それは必ずしも正解があるものではないし、正解は複数あるからだと思います。

     

    だからと言って考えることを辞めてしまうのではなく、正解が無いからこそ考え続けることが大事で、

     

    その考え続ける自分の中に発見があり、成長があるんだと思っています。

     

    あと、このクリスマスコンサートは言ってしまえば何でもアリなんです笑

    じっとしていられない子供たちがステージに上がってきてしまうこともしばしば。

     

    でも、それでいいんです。

     

    僕、よくある「音楽は平等だ」といった言葉にちょっと違和感を覚える事があるんです(ひねくれ者だからでしょうか)

     

    小さな子供連れのお母さんがコンサートに来ていて、子供が泣き出してしまう。

     

    お母さんは「すみません、すみません、、、、」と頭を下げながら一旦会場から外に出てしまう。

    そうじゃなくて、周りの人たちが「子供が泣くのは当たり前の事だからいいんだよ」と言う雰囲気を作ってあげられたら良いなって思います。

    (もちろん、大好きなアーチストの歌が聞こえない、とかなるとそういう気持にもなれないというのもわかります)

     

    特に障害を持った子供たちのお母さんは気軽にこう言ったコンサートにも足を運べないと思います。

     

    そういった人たちも何の気兼ねもなく足を運んで音楽を楽しむ場所があったらいいな(本当は全部の場所がそうなったら一番素敵だけど、なかなかそうはいかないと思います)

     

    おっと!!!!思っていることをだらだらと、ほぼ箇条書きで書き連ねてしまった!アホがばれる!!!

     

    そんなこんな思いめぐらせていた矢先にこの「たまみずき」の代表の櫻井さんが、「大きなホールを借りて障害を持った子供も、そうじゃない子供も誰でも参加できるコンサートをやりたい」と申し出を下さって、昨年はイベントプロデューサーという役職を頂き、企画、運営、司会、演奏と何役をおこなったか分からない激務を行いました笑

     

    でも、誰にも味わえない感動を僕は味わっていました。(なぜか打ち上げで男泣きしてしまいました笑)

     

    だって、自分が一生懸命考えて、動いて、失敗して、それでも立ちあがって行ったことを子供たちが見ていて、

     

    もしかしたらそのことがすっごい印象に残っていて、何年も何年も覚えていてくれて、「あの時面白かったな」って少しでも思い出してくれたら、こんな嬉しいことはないなって思うんです。

     

    そして、今年もありがたいことにスプリングフェスティバルを開催、そして僕もお手伝いをさせて頂くこととなりました。

     

    昨年と同じく、声優、宍戸留美さんとともにイベントを応援します!

     

    実は昨年からもう何回も打ち合わせで集まり、企画の内容であったりを詰めております。

     

    今年も企画だけでなく、僕は「小池隼人とオーライブラス」として、信頼できる仲間たちと、子供たちが楽しめそうな演目を用意し、ライブをしたいなと思っています。

     

    そして、この「スプリングフェスティバル」かなりの見せ場が、昨年も行ったのですが、

     

    「たまみずき」の子供たちが書いた絵を脚本家、熊本浩武さんがオリジナルストーリーを考え、実際に宍戸留美さんがその場でそのストーリーを朗読

    (ひとりで何役やったろう、さすがの一言でした)するという、かなり手の込んだ事をおこないます。

     

    子供から大人まで楽しめる内容となっております(が、あくまでも子供が楽しめるというのが最優先ではあります!)

     

    今年は3月23日(金)に行われます。

     

    『たまみずきスプリングフェスティバル2018』
    日時:‪平成29年3月‬23日(金)
    場所:大泉学園 ゆめりあホール (西武池袋線大泉学園駅 徒歩1分)
    〒177-0063 東京都練馬区東大泉1-29-1

    時間:13:30開場 14:00開演 16:00頃終了予定

    小池隼人とオーライブラス

    宍戸留美

    じょうろくらぶ

    せんば太鼓

    ロップくん→ロップくんは着ぐるみを着て子供たちと踊ってくれます!

    【お申込・お問合せ】
    177-0041 東京都練馬区石神井町7-32-7
    放課後等デイサービスたまみずき内
    ‪2018年3月23日たまみずきスプリングフェスティバル事務局
    事前申し込み制 入場料無料

    電話 03-5923-7188 ファックス 03-5923-7189
    電子メール info@tamamizuki.org

    子供たちが集まれる時間帯にやるので、見に来られない方も多いとは思いのですが、

     

    何かご都合がつきましたら実際にいらっしゃって頂きたいです。

     

    そして、障がいをもった子供たちの姿を見て、何かを感じ取って頂きたいです。

     

    代表の櫻井さんも、僕も、「まずは知ってもらう」ということをしなければと考えております。

     

    そしてそして、お願いがあります。

     

    「たまみずき」に限らず、学校やPTAなどでコンサートを開きたいが開けない一番大きな理由に

     

    「予算」というものがあります。

     

    スプリングフェスティバルに関しては大きなホールを借りて、行われる為、なかなかコストがかかるとの事です。

     

    そこでみんなで考えてクラウドファウンディングを行っております!!

     

    https://motion-gallery.net/projects/tamamizuki2018

     

    500円から支援が出来ますので、是非皆さま応援して頂けると幸いです。

    櫻井さんはめちぇめちゃ熱く、行動力がある人。

    たとえ赤字になっても自分でかぶろうとしちゃう人なのでそれは避けたいんです!!!

     

    ぜひぜひご協力お願いします!

     

    代表の櫻井さんから「オーライブラスの生演奏権もリターンに入れさせて!」との事で快諾したらなぜか一番高いコースにしていただいております笑

    この辺の打ち合わせはまだきちんとできていないのですが、思いついたら行動派の櫻井さんなので、そのあたりはうまいことやります笑

     

    長くなってしまった(自分の文章力の無さを露呈してしまった!)のですが、お読み下さった方、有難うございます!

  • 2018年1月22日(月)

    1月19日

    1月19日

    僕が今年から新たにメンバーとして始めたバンド
    Tiny Rental Orchestraのお披露目&初企画

    「CHAMBER」が無事に終了しました!

    いや!!!

    無事だったか、本当に笑!?

    ハプニングやらもあったぞ!

    まぁ、怪我人も出ず(って着席スタイルのライブで出るわけないか)滞りなく終了はできたからいっか。

     

    ▪︎ここから長くなってしまったのでお時間がない方、興味が薄めの方は一番下の★まで読み飛ばしてください笑

    バンド活動を始めて15年近く経つけど、

    やっぱり最初のライブって緊張しますね。

    今まで、バンドをやる時、そのほとんどは途中から加入したりするスタイルだったけど、

    TROは結成メンバーだし、全員1からのスタート!

    人数もめっちゃ少ない3人編成だし、

    最初の2曲くらいはガッチガチだったし笑
    自分の音もいつもの自分らしさを欠いていました。

    そのガッチガチの緊張がお客さんにも伝わってるのがステージからわかって、緊張の連鎖が起こってました笑!

    でも途中からそれすらも楽しもうと感じ始めてからちょっと、いつもの自分に戻って行ったって感じでしょうか。
    「CHAMBER」というイベントは僕らのオリジナル曲をやるだけではなく
    ゲストボーカルさんの持ち曲をチェロ、ピアノ、トロンボーンの編成でアレンジをし、一緒に演奏するというのがなんといっても醍醐味だと思う。
    けど、準備がめっちゃ大変だった。
    ほぼほぼのアレンジをピアノの植木晴彦が行っていて、彼はリハの時はアレンジや練習でほとんど寝ていなかった。
    アレンジもできるだけ協力しようと思っていたんだけど、とにかくいいアレンジを書いてきてくれるから
    「これは彼に任せよう」と、体を壊さないことを祈りつつ(笑)信頼していました。
    あとはそういった逸材のアクセルになり、時にブレーキになれる存在でこのバンドを動かそうと思って行動しておりました。
    ライブ中も本当は一言二言喋るくらいにして「クールに演奏に徹する俺」みたいな感じでいようとしたのですが、
    いてもたってもいられず、見るに見かねてしゃべりまくっちゃいました笑
    ソロとかも彼が書いたものを吹いていた(中には完全にアドリブしていた箇所もあったんだけど)
    んですけど、難しいんです笑
    「こんなに長く吹かせてこんな高い音吹かせるのか!」とか、まぁ色々笑
    でも、、自分でソロを考えたりフレーズを考える時に、いつの間にか
    「自分がそつなくこなせるものを」というラインで考えてしまっていたんだなぁと改めて感じました。
    そして、それは自分の可能性を狭めてしまっていたんですね。
    それに自分がメンバーとしてやっているバンドなのに「そつなくこなせるソロ」
    なんて演奏していてもお客さんはヒリヒリしないんじゃないかとも思い、、、
    (もちろん現場の仕事とかの時は当たり前ですがノーミス!が大前提です!)
    彼が書いたソロを吹ききるためにも練習をたくさんしておりました。
    ミュージシャンが練習をするのなんて当たり前なのですが、それでも自分史上たくさんトロンボーンを吹いた一週間だったかなと思います。
    兎にも角にも反省だらけの僕らですが、新たなことをやると言うのは本当に刺激になりますし、成長させてくれます。
    これからこのバンドがどうなっていくのかはまだわかりませんが、応援していただけると嬉しいです。
    ★何よりお伝えしたいことは
    無名に等しい僕ら3人が、「チェロ、トロンボーン、ピアノという編成で新しいことをやる」くらいしか前情報がなく
    SNSでの演奏風景も一瞬しか載せていない僕らの初めてのライブにこんなにたくさんの人が、貴重な時間と、大事なお金を払って見に来てくださったことが大変うれしかったです。
    会場入りしたときに予約リストを見て、知った名前がたくさんあってとても背中を押していただいていました。
    ステージからも僕の物販の帽子をかぶってくれていたり、グッズ持ってくれていたり、本当にうれしかったし心強かったですよ。
    一人一人にきちんとお礼を言いたかったけど、直接伝えられなかった人たちもいましたね。
    でも全員に感謝の気持ちを持っています。

    そして、来たかったけどこれなかった皆様、またお時間が合う時に、よかったら遊びにいらしてください。

     
    CHAMBERという企画、次回は4月15日、同じく風知空知にて行われます。
    1月23日までは1月19日まで予約をくださった方の限定先行予約期間、24日からは一般予約が始まります。
     ※先行と一般でアドレスが違うのでご注意ください。
    1月23日23:59まで先行期間
    →tinyrentalorchestra@gmail.comまで
    1月24日0:00から一般予約開始
    → yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
    (ご希望公演名、日時、お名前、枚数、電話番号以上の5点をを明記の上、お申し込みください)
    まだ先すぎてスケジュールわからないよ!って人がほとんどだとは思いますが、よろしければ、会いにいらしてくださいね。
Categories
Latest Entry
Archives
Select Month